新経営サービス西條社会保険労務士事務所

身近な相談役として、労務にまつわる様々な問題に誠意をもって対応いたします。0120-417-606

トップ > 経営お役立ち情報

経営お役立ち情報

2019.1.15

平成31年度 「伝統的工芸品産業支援補助金」
本補助金制度は「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の規定に基づき経済産業大臣が指定した工芸品の組合、団体及び事業者等が実施する事業の一部を国が補助することにより、伝統的工芸品産業の振興を図ることを目的としています。
各産地における伝統的工芸品の原材料確保対策事業、若手後継者の創出育成事業のほか、観光業など異分野や他産地との連携事業、国内外の大消費地等での需要開拓などに対して支援を行います。
▼詳細「経済産業省」詳しくはこちらへ
WEBee Campus(ウェビーキャンパス
WEBee Campus(ウェビーキャンパス)は、職場にいながら受講できる中小企業大学校の新しい研修スタイルです。
研修はWeb会議システムを利用し、リアルタイムの双方向通信で行います。
少人数制のオンラインゼミナールや動画教材を通じて、中小企業で活躍する人材を実践的に育てます。
▼詳細「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」詳しくはこちらへ
ハンズオン支援事例集
中小企業やベンチャー企業の多くは、株式公開、新規事業、経営革新などに挑戦する意欲があっても、アイデアや構想を具現化する専門知識・経験に乏しいか、あるいは周囲の人材が乏しいことに悩まされています。
中小企業基盤整備機構では、これらの問題解決のために専門家による各種の支援メニューを提供しています。
ハンズオン支援では、担当のプロジェクトマネージャー、アドバイザー、職員が当該企業のパートナーとして伴走し、きめ細かな対応を図りながら、継続した支援を行っております。
このサイトではその事例を紹介しています。
▼詳細「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」詳しくはこちらへ

2019.1.1

軽減税率対策補助金の補助対象の拡大
中小企業庁は、2019年10月の消費税軽減税率制度の実施に向けて、複数税率に対応するレジの導入支援、受発注システムの改修等を補助金により支援してきましたが、全国の中小企業・小規模事業者等からの制度拡充の要望を踏まえて、軽減税率対策補助金の制度を拡充し、軽減税率制度の実施に向けた事業者の準備の加速化を支援していきます。
▼詳細「中小企業庁」詳しくはこちらへ
事業承継ひろば
中小企業庁では、中小企業や個人事業者の皆さまを対象に、事業承継について解説し「会社のミライ」を一緒に考える特設サイトを開設しています。
「事業承継ネットワーク」では、経営者の小さな悩みから専門的なことまで各分野のエキスパートが連携して、スムースな事業承継のサポートを無料で行っています。
▼詳細「中小企業庁」詳しくはこちらへ
消費税転嫁・下請取引申告受付システム
中小企業庁では、消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保及び下請取引の適正化を図り、特定供給事業者及び下請事業者の利益を保護するため、消費税転嫁対策特別措置法及び下請代金支払遅延等防止法に基づく監視・取締り対応の強化を実施しております。
その一環として、当サイト上から中小企業庁に向けて不当取引に対する申告・情報提供を行うことができます。
▼詳細「中小企業庁」詳しくはこちらへ


2018.12.15

高齢者や障害者を労働力として活用しましょう
少子高齢化が急速に進展し、高齢者雇用は人口減少に伴う労働力不足という視点からも重要な課題です。
また、「高齢者」が活き活きと過ごすことができるかが社会全体の活力や社会的コストにも影響を及ぼすことになります。
高齢者雇用について、また障害者雇用について考えてみませんか。
▼詳細「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」詳しくはこちらへ
ちょこっとゼミナール
「ちょこっとゼミナール」は 小規模事業を営む方やこれから起業する方を対象とした簡単な経営講座です。
ちょっとした休息時間を使って学べるよう、どの講座も10分程度にまとめてYouTubeに公開しています。
大項目は以下です。
・需要を見据えた経営のための講座
・起業のための講座
・成長・持続のための講座
・事業承継のための講座
・地域と共に生きる経営のための講座

▼詳細「独立行政法人中小企業基盤整備機構」詳しくはこちらへ
営業秘密管理(技術情報流出リスクと対策)
研究開発や営業活動によって得た独自技術やノウハウは、魅力的な製品やサービスを生み、競争力の源となる非常に重要な資産です。しかし、技術やノウハウを持った人材の国境を越えた流動化、IT技術による大量データの持ち出しが可能になったこと等から、国内外への技術情報流出のリスクが高まっています。
対策のポイントとしては、経済産業省が策定した「営業秘密管理指針」に基づいた管理を実行することで、流出予防にもなり、流出時の法的保護を受けられる可能性が高まります。
▼詳細 「経済産業省」詳しくはこちらへ

2018.12.1

販路開拓プロジェクト「U×U(ゆう)」参加募集
本プロジェクトは、生産者と消費者が強く末永く結びつくことを願う気持ちから生まれた、日本の優れた商品を世界へと広めるため、新たな販路の開拓を目的とする中小企業のための取組みです。
「WEB展開」と「イベント展開」の2タイプの支援があります。
▼詳細「U×U」(独立行政法人中小企業基盤整備機構)詳しくはこちらへ
No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート
国内のNo show被害額は推計年間2,000億円にも上ると言われており、一度のNo showが飲食店を閉店に追い込む深刻なダメージを与える等、No showは飲食店の生産性向上を大きく阻害しています。
経済産業省は、サービス産業の生産性向上の観点から関係省庁と連携し、一事業者だけでは解決できない業界全体に渡る課題の解決を支援します。
▼詳細「経済産業省」詳しくはこちらへ
年末調整がよく分かる!(国税庁)
事業主は従業員に給与を支払う際、「源泉徴収税額表」に基づく所得税額を、給与から源泉徴収して納付することになっていますが、その源泉徴収をした税額の合計額とその人の納めるべき年税額とはほとんど一致しません。
税額が一致しない理由
(1) 源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られているが実際は年の中途で給与の額に変動があるため。
(2) 年の中途で扶養親族等に異動があっても、その異動後の支払分から修正するだけで、さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正しないため。
(3) 配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することになっているため。
この不一致を精算するのが年末調整で、1年間に徴収した源泉徴収税額と年税額との過不足額を計算して、その差額を本人から徴収又は還付します。
年末に行うことから「年末調整」と呼ばれています。
▼詳細 「国税庁」詳しくはこちらへ


主な業務

連絡先

新経営サービス西條社会保険労務士事務所

ページのトップへ戻る