業務案内

雇用助成金

雇用助成金といわれるものは厚生労働省管轄の助成金であり、雇用保険料の一部を財源として、国の施策(雇用の創出、安定、確保等)を実現するために支給されるものです。つまり、ほとんどの雇用助成金は、雇用保険に加入している企業ならば、企業規模に関係なく受給できる権利があるということです。もちろん、所定の要件に合致し必要な手続きをすればということですが。
それに、助成金は融資ではないので返済の必要はありません。ぜひ制度を理解して積極的に助成金を活用しましょう。面倒な場合は社会保険労務士に任せましょう。

雇用助成金詳しくはこちらへ

雇用助成金受給の基本的なポイント

(※これ以外にもそれぞれの助成金によって要件があります。)

1、事前準備をしっかりと

助成金を受給するためには、事前準備をしっかりと行うことが何よりも大切です。会社設立前あるいは、従業員の雇用前に申請しなければならない場合もあります。事前準備の遅れは、結果的に受給できなくなってしまいます。

2、労働保険・社会保険への加入

助成金は、雇用保険料を財源としているため、雇用保険に加入していることを条件としています。そのため、従業員を雇用する場合は、すぐに加入手続きを行い、加入後は保険料を滞納しないようにしましょう。

3、帳簿書類を揃えておく

助成金を申請すると帳簿書類の提出を求められることがあります。労働者名簿、賃金台帳、就業規則、出勤簿などの帳簿類は、日頃からしっかりと準備しておきましょう。

4、解雇に注意

助成金は、従業員を一方的に解雇してしまうと受給できないものが多くあります。従業員を雇用したことによる助成金を受給しようとする場合は、特に注意が必要になります。また、過去に解雇したことがある場合は、その後しばらくは、助成金を受給できない場合もあります。





財団法人助成金

財団法人の助成金に関しては、各種いろいろとありますので、各財団へ直接お問い合わせください。

財団法人助成金詳しくはこちらへ
お問合せはこちら

お役立ち情報

連絡先

新経営サービス
西條社会保険労務士事務所

〒600-8020
京都市下京区河原町通五条上る
御影堂前町843 清水ビル3階
TEL 075-343-0877(代)
FAX 075-353-5145

メールでのお問合せはこちら